(株)くとうてん

川西英カレンダー2018

川西 英 かわにし ひで (1894ー1965)と 神戸百景

川西英さんは1894(明治27)年、神戸市兵庫区で生まれました。「自分に師があるとすればそれは神戸だ」と話されていたように、独学で“自画・自刻・自摺”の創作版画に取り組んだ川西さんにとって、異国情緒溢れる神戸の街から受ける刺激は作品に多大な影響を与えました。

川西さんは生涯で二度「神戸百景」を手掛けています。最初が戦前の神戸の都市風俗を捉えた木版画の作品(1933〜36年)。二度目が新聞社の依頼を受け1952〜53年に制作された描画による作品で、一部描き直され1962年に『画集 神戸百景』として限定1,500部出版されました。制作後、約半世紀が経ちますが作品の新鮮さはまったく失われていません。

神戸をこよなく愛し、神戸を離れることなく神戸を描き続けた大胆で明るい川西さんの作品は、今も神戸人に深く愛されています。

  • 1月
    1月 モダン寺
  • 2月
    2月 元町ネオン
  • 3月
    3月 奥摩耶
  • 4月
    4月 国際ロード
  • 5月
    5月 水族館
  • 6月
    6月 市立図書館
  • 7月
    7月 諏訪山住宅
  • 8月
    8月 千刈水源池
  • 9月
    9月 神戸中央郵便局
  • 10月
    10月 三角公園
  • 11月
    11月 襌昌寺
  • 12月
    12月 ビルの屋上

Page Top