残し、伝え、繋げる|株式会社くとうてん

お問い合わせ
自費出版

くとうてんの本づくり
「次世代へ残し、伝え、繋げる」

 くとうてんは、1999年(前身の会社設立)から神戸元町で地元のお客様とともに歩んで参りました。著者の方と二人三脚で作りあげた本は、それぞれ想いを表現した個性的なものばかりです。人生を振り返った自分史は、ご家族や後継者へのメッセージが込められた大切な人生録であると同時に、大きな歴史を形づくる証言の一つとして、将来貴重な歴史資料にもなりえるものと感じています。私たちは、本づくりを通して皆様の生きた証を次の世代へ「残し、伝え、繋げる」お手伝いをさせていただきます。

 

打ち合わせ風景

 本を作る目的や目標地点はお客様によって違います。当社ではお客様から直接お話をうかがって、個々のお客様に最適なプランを提案できるよう努めています。理想の本をつくる夢を一緒に実現できればこれほど嬉しいことはありません。編集・デザインを専門とする当社スタッフが、書き手、読み手両方の立場に立ってサポートいたします。

 

 人生で1度の自分史から、趣味の句集や画集、小説やエッセイ集、定期刊行冊子など幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。

PDFアイコン ファミリーブックチラシはこちら(PDF 1.81MB 別画面で開きます)

本ができるまでの流れ

1

ご相談・お見積もり

本づくりに関する知識がなくても大丈夫。ご希望や不明点、ご予算など何でもご相談ください。電話かメールでご連絡のうえ、ご来社ください。(初回ご相談無料)

 

ご相談・お見積もり

2

プラン提案

ご相談内容に沿ってスケジュールや見積、内容案などを提案いたします。ご納得いただけるプランになれば契約となります。

 

ご契約

3

入稿

文字原稿、使用する写真、資料などをご用意いただきます。インタビュープランの方は取材をスタートさせます。

 

入稿

4

デザインラフご提案

本の形や誌面のデザインを提案いたします。文字の書体や大きさなど細かい点にもこだわって、美しい仕上がりを目指しましょう。

 

デザインラフご提案

5

レイアウト&校正

全ページを通して誌面を作成。間違いがないか校正を繰り返してご確認いただきます。装丁デザインもアップし、完成間近。

 

組版・校正

6

印刷・納品

必要に応じて色校正(試し刷り)を経て、印刷製本工程へ。仕上がり品質にも責任を持って納品までサポートします。

 

印刷・納品

お客様の声

イラストつきの学生向けオリジナルテキストを制作

『ホッコリする化学計算』

ホグホグ・booksさん

キャラクター キャラクター キャラクター

薬系大学で教鞭を執っておられる小山淳子先生(薬学博士)の原稿をもとに、学生が自分のペースで、自分の成長度を確かめながら“自律学習”ができるテキストを作成しました。これまでのテキストは、Wordで編集したものを機械的にPDF出力していたので、よくあるテキストではない、温かみのあるものを作りたかったのです。 専門書の執筆で、大手出版社との付き合いはありましたが、自費出版をするのは初めてでした。そこで、インターネットで「地元密着」「いろいろ相談できる」「近所で、直接のやりとりがしやすい」をキーワードに、会社を探しました。くとうてんさんへ問い合わせメールを送ったところ、返信者はコンセプトのことから聞いてくれる女性だったのが好印象でした。

初回打合せでは、じっくりと話を聞いてもらいました。そして何度か、どのように進めるか、何をしてもらうかのプランと、その場合の見積もりを出してもらいました。くとうてんさんで専用ソフトによる版下データの作成を依頼するか、またはWordを自分で編集するかなどを検討した上で、自分でWordで印刷用データを作成することにしました。くとうてんさんには表紙とゆるキャラのイラスト作成、ロゴ作成、印刷納品までのトータルディレクションをしてもらいました。

さらに、最初の打合せで、これまでの自費出版の書籍を見せてもらったのがヒントになり、今後のシリーズ化に向けて自分たちの屋号も決定し、ISBN(図書コード)を取得しました。その屋号のロゴもデザインをしてもらいました。いろいろとお願いしましたが、対応が早かったのもよかったです。

実際の印刷物が届くと、よくある教科書やテキストよりも、文字が立体的で、温かみが感じられる仕上がりでした。初めての自費出版でしたが、ちゃんと印刷をしてよかったと思いました。今後は使用する学生の感想も聞きながら、シリーズを展開していきたいと考えています。

個展開催にあわせて画集を制作

『桑畑佳主巳 ART WORKS[1980-2016]』

桑畑佳主巳さん

桑畑佳主巳

2016年9月、故郷の宮崎県立美術館で大規模な個展を開催するのに合わせて、これまでの作品全てを1冊にまとめた画集を制作・販売しようと思いました。

画集表紙には、一番好きな作品を一部切り取った状態でデザインに使用しましたが、とても好評で、これがご縁で2017年12月にこの作品を都城市立美術館(宮崎県)に寄贈することになりました。

画集制作にあたり、過去にプロカメラマンや自分で撮影した作品画像の他、古い作品はアナログの白黒写真やネガのみ残っているケースもありました。また、撮影していない作品も多数ありましたので、まずはそれらを揃えて、画集制作に使用可能か分類しました。更に経年により剥離した絵具の補修、加筆、修正を行い、見違える程変化した作品の再撮影、写真と現物との乖離を印刷で補うことの交渉など、思いもよらぬ作業が続き、「写真」と「印刷」、「作品」の3点が出来るだけ近いものになるための調整に約3ヶ月かかりました。

過去の作品を現在の自分が再評価するという欲望を抑えられず、展覧会用に加筆した作品の写真撮影が画集の原稿締め切りに間に合わなかったものもあり、会場に展示された作品とは異なる状態で画集に掲載されたことが誠に残念でしたが、読まれた方からは高い評価を頂き、特に表紙装丁の評判は抜群でした。スタッフのみなさんも非常に協力的で、作家のエゴを十分に忖度されたと思います。

初期の作品から最新作まで100ページに102点の作品を掲載しましたが、全ての作品を収録することは出来ず、まだ画集に収めたいものが眠っています。これ以上よい画集を作るためには、作品画像をシッカリ撮っておくこと、更には良い絵を描くことだと痛感しました。

亡き母たちの記憶を綴ったかわいい本ができました

『妣(はは)たち』

numさん

両親を見送り、自分も古希という年齢を迎え、自分のなかに記憶として残るだけの、好きだった妣(はは)(亡き母)たちの姿を何かの形で残しておきたいと思うようになりました。

一緒に暮らしていた頃、面白いと思った場面を雑記帳にメモしたものや、看病~看取りをした時に、心に残ったことを書き留めておいた日記などをもとに、事実に忠実な記録というよりは実録風フィクションとして、母へ送った「絵手紙」とともに1冊の本に仕立てようと決めました。

トーンの全く違う3つのパートを1冊にまとめる点や、出版に合わせて描き下ろした挿絵の出来栄えに一喜一憂しながら、表紙デザインや用紙選びなど、苦労しながらもとても楽しい本作りの時間になりました。また、身内や親しい方へお渡しするくらいの少部数の制作にも対応して頂きました。

本が完成して我が家へやってきた時、思わず「あら、かわいい子が生まれた!」と吐息がホワッと出ました。

本を差し上げた方たちの第一声は「ワ!素敵な本ですね!」と、まず装丁への賛辞でした。読んで下さった方は、それぞれの「妣たち」のことを思い出して、しばし感慨にふけって下さったようです。

ダウン症の娘が50歳になった記念に

『私はダウン症の鈴木洋子です』

鈴木 都さん

鈴木 都

ダウン症の娘、洋子が50 歳を迎えた年に、何か記念になるものができないかと思っていました。
洋子に絵を教えてくれた画家の先生が、「絵画作品の画集を出しては」と勧めてくださり、 そこから、絵や写真をたくさん入れた気軽に読んでもらえる冊子を作ろう、とひらめきました。
内容は私自身の子育てを語るよりも、洋子を主体にしたものにしたいと考えましたが、洋子は文章を綴ったり語ったりすることはできません。
そこで、私が洋子の視点に立って、生まれてからの50 年間を振り返って語るというスタイルにしました。

私は思い立ったら集中してやってしまいたい方なので、ひとまず一気に写真を探し文章をひととおり書いてみました。
そのあと、ライター・編集担当者に相談をし、構成やデザインを本格的に組み立てていくことになりました。
文章の足らない部分を補ったり、削ったりという作業を繰り返し、文章にあわせて写真をセレクトしました。
検討の結果、洋子目線の文章に時々私目線の文章も挟み込むことにし、より表現の幅が広がりました。

完成した本は、明るい印象のデザインで、ダウン症だからということにはとらわれず、いろんな経験をして、絵や音楽が大好きな洋子のイメージにぴったりです。
読んでくださったダウン症の子どもを持つお母さんから連絡があり、私たちの経験を参考に、子どもさんを海外転勤につれていくことにされました。ダウン症の子を持つ親だけでなく、これから子どもを持とうと思っている方やいろんな方に、ほんの少しでも本に出てくるイキイキとした洋子のことが頭の片隅に印象に残って、ダウン症に興味を持つきっかけだったり、いつか何かのときに思い出してくれたりするといいな、と思っています。

戦前から戦後の記憶を自分の言葉と絵で表現

『記憶のなかの神戸 私の育ったまちと戦争』

豊田和子さん

豊田 和子

戦後60年の年に空襲の体験をはじめて描き、絵巻物にして空襲慰霊祭に届けました。
それが評判になり、本にしてみようかなと思い立ちました。
絵巻物に描いた空襲だけが戦争ではなく、日々の暮らしのなかに少しずつ『戦争』というものが入ってきて、あらゆることに影響していったことを伝えたくて、戦前、戦後の街の風俗も描くことにしました。

本を出すのははじめての経験で、わからないことばかりでしたが、スタッフの方々と相談を しながら形にすることができました。
思い切って本にしたことで、たくさんの方から感想やいい評価をいただいて、原画展などいろいろなところからお声をかけていただき、これまで知り合うことのなかったような方とも出会うことができ、ほんとうにありがたいことだと思っています。

原画展

多くの方のご協力により、原画展も開催することができました。


本づくりQ&A

Q1.

本をつくる費用はどのように決まりますか。

A1.

原稿の状態、ページ数、本のサイズ、カラーページ数、冊数などが費用を決める主な要素となります。目的や用途、ご予算等、ご希望にあわせて見積をお出ししますので、一度ご相談ください。

Q1.

本をつくる期間はどのぐらいかかりますか。

A1.

本の内容やページ数、原稿の状態などによってかかる期間は違います。記念冊子等で発行予定日がある場合は、予定日に向かってのスケジュールを組ませていただきますので、お早めにお問い合わせください。

Q1.

何部から対応可能ですか。

A1.

1冊から可能です。無駄にならない必要部数を事前にご検討ください。家族だけに配る冊子など気軽に本作りを楽しんでください。

Q1.

装丁デザインはどのように決まりますか。

A1.

ご希望やイメージがあればうかがい、当社デザイナーが数パターンのデザイン案を作成し著者と相談の上決定します。ご予算等によって、文字だけのシンプルなものから、写真撮影やイラスト作成を含んだものまでさまざまなデザインがあります。

Q1.

紙の本をデジタルブックにもしたいのですが対応できますか。

A1.

制作した本をデジタルブックデータにして納品が可能です。紙の本に仕上げずにデジタルブックデータのみの納品も承ります。

Q1.

文章は書きましたが、誤字脱字のチェックはしてもらえますか。

A1.

必要に応じて、校正、文章を整えるリライトも対応いたします。ただし著者にしかわからない文言もございますので、お客様側での校正は必須です。

Q1.

古いアルバムに貼ってある写真を掲載したいのですが、可能ですか。

A1.

アルバムから剥がせない写真の複写や、汚れたり一部破損してしまった写真の修復とデジタルデータ化も承ります。状態によって対応できない場合もございます。

Q1.

インタビュープランのインタビューはどこでも対応できますか。

A1.

インタビューは当社かお客様ご指定の場所で行います。当社は基本的に神戸を中心に活動していますので、遠方の場合は対応できない場合もございます。

Q1.

一度相談に行きたいのですが、用意しておいた方がいいものはありますか。

A1.

掲載されたい原稿等があればお持ちください。これから着手したいという方は、ご希望の内容やご予算をお聞かせください。作成イメージに近い本などがあればお持ちください。

出版物別

画集・絵本・写真作品集

ほっ! 週末スイーツ25

絵画などのアート作品を1冊の本に。作品の個性にあわせた判型、装丁、構成などプランニングからのご相談を受け付けております。作品を美しく再現した仕上がりを目指し印刷会社と連携して品質管理を行い、納品までトータルにサポートします。立体や大型作品の撮影手配もいたします。

自分史・家族史・体験記

私のあゆんだ人生 模型三昧

ご自身の振り返りのため、子や孫のために、世界で1つだけのストーリーを本に。近年、少部数の印刷が比較的安価で高品質になったことで、本づくりも気軽に始められるようになりました。自分史のスタイルも多様化しています。写真中心の構成など、自由に発想してみてはいかがでしょう。プロのライターがインタビューで文章を書くプランもご用意しています。

小説・エッセイ

蒼海へのHOMAGE 妣(はは)たち

文芸活動の区切りとして、個人・グループでの定期刊行として本に。ご自身の体験をエッセイとして綴った本を自分史の代わりに発行される方もおられます。得意なジャンルを活かし、ご家族以外の方にも贈りやすい自己表現としていかがでしょう。必要に応じて、文章の校正・校閲もさせていただきます。

句集・歌集・同人誌

淡水俳句 猫ごたつ

句会など趣味の仲間との定期的な刊行物として、創作活動の集大成として。定期的に発行する冊子は、雑誌として比較的ご予算を抑えた印刷方式や製本形態をおすすめしています。作品の集大成としての場合は、それぞれですが装丁にも凝って上製本を選ばれる方も多いです。書体やレイアウト、装丁をデザイナーが数種類ご提案し、納得いく本に完成するまでをサポートします。

論文・テキスト

五常楽 平家公達徒然 『ホッコリする化学計算』

少部数の論文、テキストなどをワンランクアップさせた冊子に。一からの制作はもちろん、ワードなどで作成された完全原稿の本文に、表紙は当社でデザインを施し、印刷製本することで簡単で見栄えのよい冊子が完成します。目的やご予算などをご相談ください。図表や挿絵作成も承ります。